光触媒とは

光触媒は、「光が当たることで様々な有害物や悪臭、汚れなどを分解する」快適環境を繰り返し作り続ける環境浄化材料です。
主原料のチタンを酸化させた酸化チタンは、日常的に存在する光の力を受けることで、強力な分解力を発生します。
コーティングされた酸化チタンは半永久的に変化しないため、光が当たる限り繰り返しこの作用が持続します。

光触媒の2大作用「酸化分解」と「超親水化」

《酸化分解力》

《超親水性》

光触媒の2大作用と6の機能

「酸化分解」と「超親水性」の2大作用はどちらも太陽光などの紫外線に反応することにより効果を発揮し、その効果は半永久的に続きます。また、毒性やアレルギーなどの報告もなく安全性も実証されています。

光触媒により得られる効果

空気浄化 排気ガスに含まれるNOx(窒素化合物)やSOx(硫黄酸化物)を分解します。
水浄化 水中のテトラクロロエチレンやトリハロメタンなどの有機塩素化合物などの分解、レジオネラ、大腸菌などの細菌を死滅させることができます。
臭気抑制 VOCの原因となる有害物質、悪臭物質も分解除去します。
※VOCとは揮発性有機化合物の略称。塗料や接着剤、印刷インキなどに多く含まれる。
抗菌・抗ウィルス 菌やウイルスを分解し増殖を抑制します。
セルフクリーニング 壁やガラスの汚れや黒ずみの原因となる有機物を分解、さらに雨の力で汚れを浮かせて洗い流します。
防曇効果 曇りを防ぎガラス本来の透明性を損なわずキレイな状態が続きます。

《セルフクリーニング効果》

《防曇効果》

病院・学校・介護施設・飲食店・オフィス・太陽光パネル・ビル外壁から一般家庭まで衛生環境 の維持、清掃作業のコストダウン等の目的で幅広く採用されています。

光触媒施工例